menu
TOP

メイクしない方がマシ!?目立つファンデーションの毛穴落ちを防ぐ4つの方法

春夏のメイクで気になるのが、ファンデーションの毛穴落ち。朝のメイク時にはキレイに塗れていたのに、午後になると毛穴が目立つという方は多いのではないでしょうか。「ファンデーションが毛穴にたまって、汚く見えてしまうくらいなら、メイクしない方がマシだわ」なんていう声もちらほら……。

そこで今回は、ファンデーションの毛穴落ちを防ぐ4つの方法をお伝えします。

メイクしない方がマシ 目立つファンデーションの毛穴落ちを防ぐ4つの方法_78621914

1.暑くても保湿が大切

メイク崩れというと、オイリー肌が原因と思われがちですが、実は、乾燥による皮脂の過剰分泌が一番の原因です。肌がベタついているとしても、それは水分不足の肌を守るために分泌された皮脂である可能性が高いのです。春夏は、強い紫外線やエアコンなど、肌にとって大きなダメージとなる要因がたくさんあります。ダメージを受けた肌は、想像以上に乾燥しているにも関わらず、保湿ケアを怠り、うるおい不足になっている方が多く見られます。

春先や夏でもやはり、重要なのは保湿ケア。たっぷりの化粧水でうるおいを与え、乳液や美容液でしっかりとフタをしておきましょう。暑い時期は乳液やクリームなどを避ける方がいらっしゃいますが、油分でフタをしなければ、せっかく化粧水で保湿しても、肌に水分がとどまらないので、乾燥を悪化させる原因になります。時間に余裕があれば、シートマスクをすればさらに効果的です。

2. UV対策は念入りに

紫外線は老化の大きな原因といわれており、肌に負担をかけます。シミ、シワ、たるみ、乾燥など年齢を感じるサインの多くが、紫外線が原因だといわれています。UV対策をしっかりしていると、毛穴はもちろん、多くの肌トラブルから身を守ることができるので、しっかりと行うようにしましょう。

3. スポンジテクでメイク持ちをアップ!

同じ化粧品でも、テクニック次第でメイク持ちをアップさせることが可能です。そこで活躍するのが、スポンジです。ファンデーションだけでなく化粧下地もスポンジで伸ばすことで、メイク持ちを良くすることができるのです。やり方は簡単。下地を指でのばした後、スポンジを使って優しく顔全体になじませます。たったこれだけで、メイク持ちが変わるはずです。

パウダーファンデーションは、水を含ませてしぼったスポンジでファンデーションを塗ると、肌への密着度が高まり、メイク崩れを防ぐことができます。さらに、薄づきでツヤっぽくなるので、仕上がりまで美しくすることができます。

4. ファンデーションは薄塗りが基本

ファンデーションを塗る際、隠したいアラがあるときなどは、つい厚めに塗ってしまいがちですが、厚塗りは逆に毛穴が目立つ原因になります。ファンデーションには油分が含まれているため、油分を重ねれば重ねるほど崩れやすくなり、崩れたメイクが毛穴にたまっていくのです。薄塗りにしてしておけば、たとえメイクが崩れたとしても、できるだけ毛穴落ち防ぐことができます。

夕方も崩れ知らずの美しい肌で

ちょっとしたテクニックを使うだけで、すぐに崩れていたメイクが夕方になってもキレイなまま! 保湿・UV対策、スポンジテク、薄塗りなどのテクニックを活かして、一日中崩れ知らずの美しい肌をキープしましょう!

 

しっかり保湿ファンデーションは
トゥヴェールのミネラルパウダリーファンデーション
肌に艶を与え、健康的な肌を演出します

参考:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい