menu
TOP

おでこにしわ…、新事実!「スマホ女子は老けるのが早い」って本当?

通勤電車や待ち時間など、ちょっとした時間に必ずスマートフォンを使う方、最近多いのではないでしょうか。
ニュースやSNS、メールのチェックにゲームなど、スマートフォンの可能性が広がる一方で、このスマホ操作が老け顔をつくる原因のひとつになっているというのです!
なんということでしょう。美容のために……とせっせと情報を検索しているその姿勢が、かえって美容の妨げになっているのです。

とても便利で、いまや手放すことは難しいスマートフォン。老け顔とスマホの関係を探り、その予防法を考えます。

おでこにしわ…、新事実!「スマホ女子は老けるのが早い」って本当?_477483519

「スマホポーズ」が招くたるみ

スマートフォンの弊害は、ブルーライトによる目や脳への影響が広く伝えられていますが、老け顔の原因となっているのは姿勢です。スマートフォンを使うときには、一般的には手元に持ち、下を向いて操作しますね。この、長時間下を向いたままの姿勢がNGなのです。

手鏡を持って、下に向いた顔と上に向いた顔を比較してみてください。
下を向いた顔は、頬や口元がたるんで老けた印象になるでしょう。これがスマホ操作時のあなたの顔です。
この姿勢で顔が固定されると、皮膚はあごのほうに向かって引っ張られ、口元に集まった皮膚がたるんでしまいます。

 

「スマホ目線」が招くしわ

また、スマホ操作時の目線も老け顔の原因となっています。目線が下を向いたまま長時間固定されると、まぶたを支えている筋肉が衰えてしまいます。そうすると、まぶたを上に持ちあげるために、無意識におでこの筋肉を使って目を見開こうとします。
必要以上におでこを持ち上げることになるので、必然的におでこにしわが寄ってしまいます。
この顔の動きが繰り返されると、おでこにくっきりしわが出来てしまうのです。

 

美容のために! これが正しいスマホ姿勢

では、いったいどのようすれば、スマホ操作による老け顔加速を回避することが可能なのでしょうか。
それは、猫背姿勢をやめること!
スマートフォンを使うために猫背になると、自然と顔と視線が下を向いてしまいます。
この猫背の姿勢は老け顔のリスクを高めるだけでなく、体のリンパの巡りも悪くしてしまうため、美容にとっていいことなしの姿勢です。スマートフォンを使う時には、目線の高さまで持ち上げ、背筋を伸ばして操作しましょう。長時間の使用も抑えられるので、節度あるスマホライフにもぴったりです。

スマートフォンには美容や健康のための情報が満載です。上手に使ってあなたのキレイに役立てましょう。

 

参考:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい